トランス

パスについて

パスについて

MtF当事者にとってパスしてるかどうかはかなり気になるところでしょう。ここではそれについて見ていきます。

a01

パスとは

パスとは女性として見えること、疑われないこと、元男性だとバレない状態の通称です。女性として認識されたことを「パスした」などといったように使います。当事者にとってこれは大変重要なことであり、トランス中は常にこのことが頭から離れない状態となります。自分は女性に見えているのか、バレていないか、というのは当事者がとても気になるところです。逆に男性であることがバレたことを「パスできなかった」「ノンパス」「リードされた」などといいます。

a02

パスの種類

パスの種類について見ていきます。a2-1

2-1 外面的パス

外面的、つまり見た目等が対外的に女性と認識されるかどうかということです。a2-1-1

2-1-1 ノンパス

女性に見えない状態、女性と認識されない状態またはその人をいいます。一部の素質を持った人を除き、多くの当事者は通常このノンパスからのスタートとなります。心理的にもとてもツラい時期です。さらにこのノンパスはすぐに克服できるものではなく、大変な努力と時間を要します。さらに周囲の環境・理解などの要素も絡んでくることから簡単なことではありません。しかし女性となるには誰しもが通る道であり、今は普通に女性として生活している方々もこの時期を経験し、克服してきた人です。SNSなどで綺麗なMtFを見て「いいなぁこの人は素質があって」と思っても、その裏には大変な努力があります。「憧れのあの人」もこのノンパスの時期を過ごしてきたのです。最初からすぐに女性として適用できる人などほぼいません。みんな通る道ですいわば登竜門です。自分には素質がない…などと落ち込む必要はありません。みんな同じなのですから。

a2-1-2

2-1-2 配慮パス

男性だとバレているが「まぁそういう人(LGBT)なんだろう」と認識され配慮として女性扱いされている状態をいいます。例えば洋服店など、明らかに男性だと分かる当事者が客として来た場合でも店員としてはそれを指摘することはできません。ましてや排除などしようものなら差別問題となります。よって店員の立場からすると「トラブルを避けるため」「本人を傷つけないため」といった理由で「女性として扱う」ことをします。その状態のことを配慮パスといいます。またトイレも同様です。ニュースで目にする女装逮捕おじさんは実際は稀です。かなりの「不審者」オーラと見た目でないとそういうことにはなりません。大抵の女性は「ん?男性?…でも女性の格好をしてる。今流行りのLGBTの人かな?」とか「…男性だと思うけど害はなさそうだし通報するのも面倒だ」とスルーするのです。この配慮パスの状態は当事者をかなり悩ませます。本人は完全に女性として見られたいのにそうではない。単にそう「扱われているだけ」といった矛盾に苦しみます。


a2-1-3

2-1-3 完パス

完全に女性として見える外見をしており、元男性であることが疑われない状態をいいます。「完全にパスしている」略して「完パス」です。MtF当事者はこの状態を目指します。女性ホルモンを摂取し身体的に女性化することを始め、努力をしてメイクなどを勉強しボイトレで女声を習得、仕草や振る舞いを学び自身をより女性として適合させるのです。トランス初期のMtFにとってこの完パスは夢のような状態でありトランスの境地のようなものに思えますが、実は実際に経験するとそのハードルは意外と高くありません。別にモデルや芸能人のような美しい女性である必要はないのです。「普通の女性」であればいいんです。背が高い女性もいればガタイのいい女性もいます。ハスキーボイスな女性もいますし顔つきが男っぽい女性だっています。それらみんなが「普通の女性」なのです。その「普通の女性」になればいいんですよ。大丈夫、なれます。「勇気」と「努力」があれば女性になれます。a2-1-4

2-1-4 埋没

完パスしており、さらに自身が元男性だと知られず女性として完全に生活している状態をいいます。完パスしていても例えばカミングアウトしてトランスした状態(在学トランス・在職トランス)では元の性別を知られています。この状態は埋没は難しいでしょう。「元男性」という認識を変えるにはかなりの時間を要します。私も在職トランスなので同じです。会社には私の元の性別を知っている人がいます。私がどんなに女性化しようともその人にとっては「女性に見える男」です。いわゆる色眼鏡で見られます。在学トランスの人もそうでしょう。生活の地が生まれ故郷であり引っ越しなどしてない人も同様です。そしてその色眼鏡、それを変えるためには時間をかけて女性として溶け込み元の性別すら記憶から消し去らせるか、その環境から離れる=引っ越し・退学・退職するしかありません。トランスには必ず「過程」があります。その過程の間に関係を持った人はおおよそあなたの性別を知っていることでしょう。それを乗り越えなければなりません。簡単に環境を変えることができる人ばかりではありません。むしろそれができない人が多数でしょう。しかし人は理解してくれます。時間はかかっても理解が認識を変えてくれます。認識が変わればあなたの元の性別すら意識されなくなるでしょう。つまり在学・在職トランスでも埋没は可能と考えます。地元でも埋没できます。a2-2

2-2 内面的パス

外面的パスが外部の人の認識であるのに対し、内面的パスは自分の中の認識です。「自分パス」とも呼ばれます。いくら完パスしていても自分自身が自分を女性と思えなければ意味がありません。性自認が女性でも、外見的にどれだけパスしようとも、染色体はXY型です。SRSで性別適合手術を行っても造れるのは膣までです。子宮・卵巣は備えることができません。子供が産めないんです。つまり、やはり厳密には女性とは違うのです。これが事実です。その事実を捻じ曲げてでも私たちは女性として適応し生きなければなりません。適応するということは外面的にパスするだけでなく、内面的なパスも必要です。自分自身をパスするのです。これは必ず必要です。完パスでも自分パスができていなければ適応しているとは言えません。適応してなければ生きていけません。残念ながらトランスを完遂しても自分パスができず自殺に至る人もいます。逆にノンパスでも自分パスができていれば生きていけます。他の記事でも言いましたが、人生は生きてなんぼです。生きてこその人生です。命を失ってはいけません。生きるのです。内面的パス、自分パスはトランスに必須のものといえます。

a03

パス度の測り方

それではパス度はどのように知ればいいのでしょうか。自分がどれだけ女性に見えるのか、適応できているのかを知ることは当事者にとって大変気になるところです。a3-1

3-1 外面的パス度

a3-1-1

3-1-1 コンビニ

コンビニのレジには年齢・性別のボタンがあります。店員は客から料金を受け取るとレジにその金額を打ち込み最後に性別ボタンを押します。つまりどっちのボタンを押されるかで自分がどちらの性別で見られているかを測るというものです。

これです。ブルーのボタンが男性、ピンクのボタンは女性を示します。店員の手元を見てどちらを押すか確認することができます。ただし、この判断は店員に任されていますが、適当に押す店員も多数います。実は私もコンビニのバイト経験者なのですが、客がどの性別でもいつもブルーを押していました。一律にです。その方が早くレジを打つことができ客を捌けるからです。このように判断が適当なのでブルーを押されたからといって落ち込まないでください。また、ローソン、ファミリーマートはこの性別ボタンを廃止しています。現在でも続けているのはセブンイレブンのみです。a3-1-2

3-1-2 CoCo壱番屋

CoCo壱番屋でも店員が客の性別を判断しボタンを押しています。それは伝票で確認できます。注文したあと店員が伝票を卓上に置くはずです、その伝票には「M F C」と書かれておりMがMale=男性、FがFemale=女性、CがChild=子供を意味します。

これです。ただしこれもコンビニ同様結構適当です。また、CoCo壱番屋も最近ではこれを廃止する動きが出ています。店舗によってはやっていません。a3-1-3

3-1-3 トイレ

男子トイレを利用していて他の男性が驚いて出て行った、掃除のおばさんに「お姉ちゃん女子トイレはあっちだよ」と言われたなど、トランスをしていればこの経験をする人は多いです。この反応は自分が対外的に女性に見えてるひとつの指針となるでしょう。また、百貨店などは男子トイレと女子トイレが別のフロアにあるところがあります。そこで適当な店員に「トイレはどこですか?」と聞いてみましょう。もし女子トイレの階を案内されれば女性と見られているということになります。a3-1-4

3-1-4 美容院

初めての美容院に行ってみましょう。通常美容院では待ち時間など飽きさせないように雑誌が手元のテーブルに置かれます。男性であれば男性誌、女性であれば女性誌を置かれるのでそれで判断できます。ただし店員さんもプロであり接客なので配慮パスの可能性も否定はできません。a3-1-5

3-1-5 ティッシュ、チラシ

街中で行われているティッシュやチラシ配りです。あれは宣伝のためにやっており、中には女性向けのものがあります。そのようなものは女性のみに手渡されます。よって自分に渡されたそれが女性ものであれば女性として見えているということになります。a3-1-6

3-1-6 ナンパ

単純ですね。女性に見えるからナンパされるのです。a3-1-7

3-1-7 公衆浴場

公衆浴場の受付で女性用の鍵を渡されるかどうかです。ただし、これについてはトランス途中であれば女性用の鍵を渡されても自分が男性であることを開示する必要があります。そのまま女性浴場へ行くべきではありません。つまり店員に性別がバレます。性別がバレると広まる恐れがあります。広まるとトランスの弊害となります。よって近所の施設ではできません。縁もゆかりもない遠方での試みとなるでしょう。あまりおすすめはできません。逆に言うならばトランス途中の人は意識して近所の公衆浴場には行かないようにした方がいいです。女性用の鍵を渡されて喜んでも先述のようにカムアウトが必要となりトランスの弊害となります。a3-1-8

3-1-8 電話

これは声パスを測る上で利用できます。トランスして女声が出せるようになった当事者で改名をまだ行っていない場合、電話での本人確認に苦慮されます。声が女性なのに名前が男性なので電話を受けた相手は混乱します。「失礼ですがご本人様ですか?」「奥様ですか?」「ご家族の方ですか?」など言われた場合、女性の声が出せていると判断できます。銀行やクレジットカード会社など金融関係はセキュリティーが厳重なのでかなり厳しく本人確認をしてきます。生まれ年の干支や勤務先の名前・部署・電話番号などしつこく聞かれることでしょう。私はもう諦めて「女の声に聞こえますが本人なんです。よく間違えられます」と言ってました。

a3-2

3-2 内面的パス度

外面的なパス度は上のような手段がありますが、内面的パス度、自分パスはどのようにして測ればいいのでしょうか。a3-2-1

3-2-1 パス度の無意識化

判断はとても難しいのですが、強いて言うならば「どれだけ自分のパス度を気にしていないか」ということ、つまりパス度を無意識化してるかどうかだと私は思います。上に挙げた外面的パス度のチェックを気にしなくなった、自分の性別のことなどいちいち考えなくなった、という状態です。どう見られようと自分が女だと確信しているならコンビニのレジなんていちいち見ません。CoCo壱番屋で例えMを押されたとしてもそんなの気にしません。だって女は女でありその事実は不変なのだから。背が高ければ背が高い女です。ガタイがいいならガタイがいい女、声が低ければハスキーボイスの女だし男っぽい顔なら男っぽい顔をした女です。染色体については生物学的にちょっと変わっているだけの女なのです。女は女、この状態になれば内面的なパス、自分パスができていると言っていいと思います。逆に言えば上のパス基準を気にしてる段階はまだ自分パスができていません。

a04

パス度の上げ方

ではどうやればこのパス度を上げることができるのでしょうか。a4-1

4-1 外面的パス度


a4-1-1

4-1-1 男女の違いの理解

男性と女性ではまず体つきが違います。骨格、筋肉、脂肪の付き方など基本的なものが違うのです。まずここを理解する必要があります。

a4-1-2

4-1-2 髪

通常女性は髪が長いです。もちろんベリーショートや坊主の女性もいますが、まぁ通常の形が無難でしょう。そしてただ伸ばしっぱなしではいけません。毛先が傷みますし枝毛・切れ毛が発生しボサボサになってしまいます。一日も早く髪を長くしたいのは分かりますが、出来れば短いうちは1ヶ月に1度、長くなっても2ヶ月に1度は美容院に行って整えるのが好ましいです。その際美容師に髪を伸ばしている旨を伝えてください。そうしないとバッサリやられてしまいますので。また、同じ長髪でも男性と女性とではカットの仕方が異なります。ただ伸ばしたいと言うだけでは男性のカットをされてしまう恐れがあります。パスしてるなら別ですが、トランス途中でこれから髪を伸ばすのであれば「男性ではなく女性の髪型にしてください」とハッキリ伝えてください。勇気が要るでしょうががんばりましょう。

また、男性の頭蓋骨は眉骨が出ています。これを隠すために髪型は前髪があるスタイルが好ましいでしょう。前髪で男性の特徴である眉骨を隠してしまうのです。前髪ありのスタイルが似合う人はそうしましょう。しかし残念ながら前髪ありが似合わない人も存在します。はい私です。なぜでしょう。なぜか分からないのですが私は前髪スタイルが絶望的に似合わないのです。たぶんおでこが狭いのが要因ではないかと推測していますが、真相は分かりません。なので私は写真のように髪を分けています。

a4-1-3

2-1-3 メイク

初心者にありがちなのですが、女性のメイク方法をそのまま真似ても上手くいきません。なぜなら先ほどから言ってるように骨格が違うからです。男性の顔は女性と比べて凹凸があり立体的な形をしています。女性は平坦です。平坦な女性はメイクによって「立体感」を演出しますが、もともと立体感のある男性がそのメイクをそのまま真似るとさらに立体感が強調されることとなり不釣り合いになります。結果、違和感を覚えるメイクとなってしまうのです。女性が立体感を出す「足し算メイク」なのに対して男性はそれを隠す「引き算メイク」が必要となります。女性のメイク法とは違うことを理解しなければなりません。

「引き算メイク」とは何ぞや、というところですが、一言で言うと「やりすぎないこと」です。アイシャドウは目のくぼみを際立たせるので暗い色は避けて明るい色にしてください。アイブロウでの眉はカーブがある眉より平行眉を意識してください。チークは丸く塗るのでなく直線的なイメージで塗ってください。シェーディングについては輪郭はいいですがノーズシャドウはしないでください。ハイライトはTゾーン特におでこにはやらないでください。リップは濃い色は避けてください。もっと言うならば、むしろメイクはカラコンとベースメイクだけでいいです。余計なことはしないでください。余計なことはそれだけテクニックがいります。慣れてきてからでいいでしょう。a4-1-4

4-1-4 服装

これも初心者にありがちですが、乙女乙女したフェミニンな服は似合わないので避けてください。女性らしい=フェミニンではありません。コスプレではないのですから自分の容姿・体型・年齢・TPOに合った服装をセレクトしてください。ロリータ服は諦めてください。女子制服も中学生・高校生以外はやめてください。憧れは分かります。理解できます。しかし似合わないのが現実であり事実です。その事実を受け入れてください。空気を読んでください。

男性は▽の体型であるのに対して女性は△です。上半身が薄く下半身が厚いです。よって下半身にボリュームを持たせる服装がいいでしょう。スカートでいうとフレアスカートです。腰の位置も男女で違い、女性の方が上にあるので穿くときも意識して上目にしてくださし。くびれがない状態ではワンピース、特にIラインのものは似合わないので避けてください。スカートもタイトスカートはダメです。脚を隠したいからとロングスカート・マキシスカートを選ぶ人もいますが逆に背の高さを強調するのでやめた方がいいです。

a4-1-5

4-1-5 声

当然ですが男性には声変わりがあり低い独特の波長の声になっています。そのままで発声するとほぼ確実に男性バレします。ボイトレして女声を習得してください。多くの当事者がこれに悩まされます。私もずっと悩んでました。どうしても納得できない人は喉の手術をして外科的に女声の発声に近づけるという道もありますが、確実ではないしリスクがあるのでよく考えてからにしましょう。有名な韓国のイエソンもオペをすれば自動的に女声が手に入るわけではありません。イエソンオペも本人の必死なボイトレを補助するものであり、ボイトレなしでは効果は薄いでしょう。

a4-1-6

4-1-6 雰囲気

女性らしい仕草、口調、歩き方、姿勢を意識してください。男性的なそれは消してください。腕の動きは外ではなく内を意識してください。「〜わよ」「〜だわ」などわざとらしい口調はやめてください。オネェじゃないんだから口調を変えるのではなくイントネーション・抑揚をつけるように意識してください。歩き方は歩幅を狭めて股は閉じてください。常に膝と膝がこすれるくらいがいいです。しゃがむときもそれに注意してください。肩で歩くのではなく腰・お尻を駆動させることを意識してください。肩は固定してください。自信がないからと猫背にならないでください。胸を張ってピンとしてください。その方がヒップラインが出て綺麗なシルエットができます。

a4-2

4-2 内面的パス度

これは非常に難しいです。万人に当てはまる訳ではなく、また、非常にデリケートな問題なのであくまで参考程度に軽く読んでください。a4-2-1

4-2-1 トランス過程の進行

トランス過程を進行させるとそれだけQOL(生活の質)が上がり自信に繋がります。診断書がおりれば性自認に自信が持てます。改名すれば男性名の呪縛から解き放たれます。SRSすれば身体的に女性なわけですから達成感があります。戸籍変更すれば法的にも女性です。誰にも文句は言わせません。これらトランス過程を進めることで自ずと自信が付き自分パスもしやすくなります。a4-2-2

4-2-2 成功体験の蓄積

パスできた実績を積んでください。二度見されなくなった、声パスできた、女子トイレに普通に入れたなど、ちょっとしたことでいいんです。そのような成功体験の場を多く踏んで場慣れしてください。そうすることで自分が女性であることが当然であるように感じます。逆に失敗経験、リードされたことなどは忘れてください。または「勉強になったな。参考にしよう」と前向きに考えるようにするといいでしょう。a4-2-3

4-2-3 環境を整える

性同一性障害、GID、性自認、トランス、女性化に否定的な人・環境から離れてください。学校でいじめられるなら辞めてください。親が否定するなら家出してください。会社が認めてくれないなら退職してください。配偶者に理解がないなら離婚してください。いいですか、これはあなたの人生です。他の誰の人生でもありません。そしてあなたは女性のはずです。男性を強いられることは死に等しいことと思います。何度も言いますが人生生きてなんぼです。生きるためには道を切り開くことも必要です。ツラいでしょうが頑張りどころです。ここを乗り越えればきっと輝かしい人生が待ってます。行動しましょう。女になりましょう。自分の人生を生きましょう。生きるとはただ単に「息をして命をつなげる」ことではありません。生きるとは「幸せなときを過ごす」ことです。生きましょうよ。大丈夫です。人生いろいろな形があります。あえて言わせてください。「頑張りましょう」a4-2-4

4-2-4 心療内科

MtF当事者はそのツラさゆえに精神的に病む場合が多いです。抑うつ状態となりそれが悪化すればうつ病になります。ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)など発達障害を併発してる場合もあります。苦しいときは素直に専門医を頼りましょう。薬を服用するのは甘えでもなんでもありません。事態が悪化する前に病院に行ってください。

a05

まとめ

いかがだったでしょうか。一言でパスと言っても外面的なもの、内面的なものなど様々な角度から見ることができます。みんながノンパスからのスタートです。大丈夫、気にしないでください。勇気と努力を持って継続すれば必ずパスできます。信じましょう。当事者が置かれた状況・環境は人それぞれですが、共通して言えることは「みんな女」ということです。そうです、あなたは女です。女なのだから女の人生を歩みましょう。

広告

広告

Copyright© MtF情報発信サイト , 2020 All Rights Reserved.