トランス

妻子持ちの人へ

妻子持ちの人へ

この記事を見てる人の中には結婚し、なおかつ子供を持つ人もいることと思います。年代にして40歳前後のアラフォー世代でしょうか。幼少期から明確な性別違和を覚えていた人を除き、それ以外の人は当然に「男」として認知され、育てられてきたはずです。この世代はまだ現代のようなインターネットなどの情報網はなく、LGBTの概念もなかった時代です。

今はネット上にいろんな情報があふれ、SNSでも同じような悩みを持つ人と繋がりコミュニティーを形成することができます。性同一性障害についても少し検索すれいろんなサイトがヒットするでしょう。

しかしアラフォー世代にはそういう環境にはありませんでした。多少の疑問を抱いたとしても「男子」として過ごさざるを得なかったことでしょう。性同一性障害なんて言葉すら聞いたことはなく、概念もなかったと思います。

自分は男性なのだから「男らしくしないと」と女性の自分を殺して生きてきたことと思います。その結果、女性と結婚し、子供を持った。そういう人は少なからずいます。

私がそうです。

さて、このような人はどうすればいいのでしょうか。自分一人の問題なら猪突猛進に女性化に進めばいいのですが、家族、とりわけ子供を持っている以上「親」です。親としての責任があります。自分がどうすればいいかなんて簡単に決めることはできないでしょう。しかしこのまま「男性」で生きていくことができるでしょうか。これは非常にデリケートな問題であり、個々人によって事情がまったく異なることなので一概にこうしろとは決して言えることではありません。

なのであくまで私の考えとして示そうと思います。

以下に該当する人は離婚してください。

 

 

 

 

 

 

死ぬ人

 

 

 

 

 

 

人生生きてなんぼです。死んだらおしまいです。死ぬ前に離婚してください。「死ぬ人」と一言で言いましたが、死にたいと思っている(自殺念慮がある)人、抑うつ状態の人、うつ病の人、実際に自殺行為を行うも未遂に終わった(自殺企図)人は、自分の人生を最優先してください。

いいですか、他の記事でも書きましたがこれは貴女の人生です。他の誰の人生でもありません。貴女が主役です。そして貴女は女のはずです。男で生きることができない以上、女の道を切り開く必要があります。そのための犠牲は仕方ありません。不運だったと考えるしかないんです。

子供がかわいそう?そうですね、確かに離婚すると子供にとっていい影響はないでしょう。しかし貴女が死んだらどうですか。死んだらもっと不幸になると思いませんか?また、子供は親の気持ちを敏感に感じ取るものです。男のふりをして、男を強いられて、屍のように死んでるのか生きてるのか分からない状態で家庭に居る姿を子供はどう見るでしょうか。それこそ不幸ではないですか?子供への責任は養育費という形で示すしかありません。

また、今は3組に1組は離婚する時代です。離婚なんて当たり前なんです。別に死別するわけではありません。単に法的に婚姻関係が解消されるに過ぎません。二度と会えない訳でもないし、その気になったらまた婚姻することだってできるんです。誰も死なないならそれが一番幸せじゃないですか。

また、生きるということはただ単に「息をして命を繋ぐ」ことではありません。生きるとは「幸せなときを過ごす」ことです。あなたは生きていますか?幸せですか?

 

 

生きましょうよ

 

 

離婚したいと言っても配偶者は簡単には了承しないこともあります。当然ですね。通常稼ぎ頭は男性であり、それを失うと経済的に困窮します。また、母親としては円満な家庭を望むことでしょう。ここで離婚せずにそれができる人はそうしてください。女になることは諦めて家庭を取ってください。それが一番いいです。しかし上で挙げた「死ぬ人」はそれとは違います。

家庭を持ったのは不幸でした。アクシデントです。無責任かもしれませんがそれが事実です。不幸のアクシデントで家庭を持ってしまったのです。もう事実なので仕方ありません。自覚するのが遅かった、自分が女だと知るのが遅れてしまった結果です。例えるとがん細胞を持っていながら婚姻し、その後発症してしまったようなものです。誰が癌になった人を責めることができましょうか。癌になったのはその人の責任でしょうか。違うでしょう。性同一性障害も同じです。不運でした。

配偶者が離婚に応じない場合は別居してください。2年ほど別居したのち弁護士を代理人に付け離婚調停を開いてください。ここで配偶者が応じれば離婚成立です。もし調停が成立しなかった場合、裁判に移行することになります。現行法では片方の意思のみで婚姻を解消することはできません。離婚事由が必要なのです。

  • 不貞行為(770条1項1号)
  • 悪意の遺棄(同条項2号)
  • 3年以上の生死不明(同条項3号)
  • 強度の精神病に罹り、回復の見込みがないこと(同条項4号)
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由があること(同条項5号)

これが離婚事由であり、このいずれかに該当しなければ離婚は認められません。ここで最後の項目の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に「別居」を当ててください。それしかありません。2年もの別居は普通ではありません。よってこれに該当すると裁判所は判断するでしょう。判決がおりれば晴れて離婚です。気持ちは複雑でしょうが、第二の人生を歩んでください。

 

私は4年の別居ののち離婚調停を開き、そこで合意し調停離婚しました。そうしなければ死んでいました。実際に何度か自殺未遂を犯しています。精神的にかなり追い詰められていました。配偶者は性同一性障害について理解がなく、私に「男性たる父親像」を押しつけてきました。私もできる限り頑張りました。なんとか円満に解決できないかと模索しました。それが4年という歳月です。配偶者の私に対する敵意は次第に強くなり「外では子供に近づくな」「オカマが多いタイに行け」など言われました。配偶者の気持ちも分かります。どうしても許せなかったのでしょう。男性と結婚したのに途中から女になった、これは一種の裏切り行為に映ったのだと思います。でも私は「生きる道」を選びました。自分の人生を選んで離婚しました。なぜか、それは生きてなんぼだからです。死んでしまってはおしまいです。

いいですか?死んだらおしまいなんです。

死んではいけません。

生きましょう。

生きましょうよ。

私の好きな言葉に「人間万事塞翁が馬」という言葉があります。今はツラいときかもしれませんが、これが転機となっていつか人生を振り返り「あぁあのとき決断しておいて良かったな」と思えるときが必ずきます。必ずです。

広告

広告

Copyright© MtF情報発信サイト , 2020 All Rights Reserved.