トランス 雑記

女性らしい仕草(座り方)

ブログ

この記事はトランス初期に書いていたブログからの抜粋です。2014年07月03日

女性らしい仕草(座り方)

最近女性らしい仕草で気になってるのが「座り方」です。

先日ドトールでコーヒー飲んでる時、相変わらず女性を観察していた私。そこで気が付いたんですよね。女性の座り方って男性と圧倒的に違うなぁって。

みなさんとても姿勢がいい。おしりを椅子の奥から拳一つ分空けて座り、上半身は胸を張ったような状態になっています。背もたれを使っている人はほとんどいません。

この姿勢がなんとも「女性らしい雰囲気」を醸し出しています。

この姿勢ね、男性がやると結構キツイんですよね。私も真似してやってましたけど、どうしても腰に圧迫感というか、体勢に無理があって長続きしません。なかなか自然にできないのです。

どうしてだろう。

調べてみると、これは男女の身体の差、特に骨盤の差によるものだそうです。

女性の骨盤は前へと傾いているため、背骨の付け根も同じく前傾になります。すると、上半身はそれをかばい、楽な姿勢にするために胸を張った状態になり、その結果あのシャンとした姿勢の良さが生まれるのだとか。

ただ骨盤の違いとだけ言われてもイメージしにくいですが、背骨の付け根の角度が違うって聞くとなんとなく理解しやすいですね。

コーヒーショップで「そんなに背筋伸ばさなくても楽な姿勢で座ればいいのに」と疑問に思ってたのですが、そうではなく正しい姿勢こそが女性にとっての「楽な姿勢」だったのです。えー、あれでくつろいでたなんて…。

これ、身に付けたい。私もシャンと座りたい。あの雰囲気はなんとも言えない、すごくいい。

で、やってみるのですが、これがやっぱりキツイんですよね。気を抜くと背が曲がってしまいますし、さらに疲れると背もたれにダラーンとしてしまいます。これはかなり意識して取り組まないとダメみたい。

あとね、言い訳じゃないんですが、高身長の私にとってテーブルが低すぎるんですよね。テーブルが低いと相対的にどうしても前屈みになってしまうんですよ。もっとテーブル高かったらいいのに…。

歩く仕草も「背筋を伸ばして」とよく言われますが、これもこの骨盤の違いによるものだそうです。歩くときは私もそれを意識していたのですが、珈琲飲んでくつろいでる時はさすがに油断してました。

今も姿勢を正して記事を書いているのですが、こ、腰が痛くなってきたよ…。うーん、骨盤の違いかぁ。それとも単に普段の私の姿勢が悪いのか。

というわけで、これから「グ…グググ」と心の中でうめきながらも、出来るだけ外見だけは優雅に珈琲飲んだり食事したりしようと思います。

広告

広告

Copyright© MtF情報発信サイト , 2020 All Rights Reserved.