トランス 雑記

純女にとってMtFは石ころ

ブログ

この記事はトランス初期に書いていたブログからの抜粋です。2014年07月17日

純女にとってMtFは石ころ

私を含め多くのMtFは日々リードされるのを恐れていることと思いますが、安心して下さい。

 

純女はMtFなんぞ見ておりません。

 

以前友人の純女さんとお茶してたら、その一角にMtFの方々が数名いらっしゃるのに私は気が付きました。

なんでしょうね、この同類アンテナの高さは、私にとってMtFさんって見てすぐに分かるんですよね。

同じ匂いがプンプンなのでしょうか。とにかくモロ分かりです。骨格とか筋肉の付き方とか顔つきとかで。あと全体の雰囲気かな。

でもね、喫茶店を出たあと、このことを友人(純女)に話したら

「え?うそ!全然気が付かなかった!」

とのこと。

驚きました。すぐ近くの席だったので視界に入っていないはずはありません。

「どう見ても私と同類だったじゃん」と言っても「どこにいた?何人くらい?いつからいた?」と、まったくお話にならないよ状態。

とまぁこんなふうにね、純女にとってMtFなんてアウト・オブ・眼中なんですよ。他人なんて全然見ていません。どうでもいいみたいです。

ただ、服装やメイクが浮いているとチェックが入るので気を付けてください。あと流行ものや人気のブランド品を持ってる人などもチェックされます。でも、それ以外ははっきり言ってその辺に転がってる石ころと同じ扱いです。そう、私たちは石ころなんですよ(笑)

言い方は悪いかもしれませんが、純女は他人(特に同性)を“自分より上か下か”という目線で見ていることが多いです。そこで下と判断されれば、もう石ころ同然。どうでもいい存在です。

なので、パスしたければ石ころになりましょう。

地味な服着て控えめなメイクして堂々としてれば大丈夫です。

※ちなみに男性の視点は分かりません。私は背が高いので「うお!俺よりデケー!」という目でよく見られますが、リードされてるかどうかは??です。なんつーか、私は女性より男性のが怖いっす。

広告

広告

Copyright© MtF情報発信サイト , 2020 All Rights Reserved.