トランス

女子トイレは使える?

女子トイレは使える?

a01

結論

結論から言います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使えます

 

 

 

 

 

 

 

 

a02

法的根拠

・戸籍上男性の人が女子トイレを使用することを禁じる法律がない

男女どちらのトイレを使うかは、私達MtFにとって大きな問題だと思います。そこで、法治国家である日本においてこれを考えるならば、その法律から読み解いていった方がいいだろうということで調べてみました。

結論から言うと、私達MtFは女子トイレを使うことができます。男性が女子トイレに入ることを処罰の対象とした法律等が存在しないからです。そこで関係法令を挙げて見ていきます。

a2-1

2-1 迷惑行為防止条例

第5条

何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。
(2) 次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること
イ 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所

出典 : 東京都迷惑防止条例

条例とは各地方自治体が独自に制定するもので法律に準拠します。ニュースなど見てるとよく耳にしますよね。ただ、この条例の多くは「盗撮目的で侵入した場合」を処罰の対象にしています。私達は盗撮目的でトイレに入る訳ではありません。よって処罰の対象とはなりません。

a2-2

2-2 建造物侵入罪

第百三十条 

正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

出典 :刑法 -  電子政府の総合窓口(e-Gov)

ここでは盗撮が要件として挙げられてないのですが、除外要件として「正当な理由がないのに」と挙げています。つまり正当な理由があれば大丈夫なのです。そして「排泄」は正当な理由になります。よってこの法律においても処罰の対象とはなりません。

a2-3

2-3軽犯罪法

第一条一項23号

正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

出典 :軽犯罪法 - 電子政府の総合窓口(e-Gov)

ここでも「のぞき」が要件となっており、かつ、「正当な理由が」ある場合が除外されています。よって、のぞき目的でなくGIDおよび排泄行為という正当な理由がある私達は、この法律においても処罰の対象とはなりません。

ポイント

このように、現行法では男性が女子トイレを使うことを禁止する法律は存在しません。よってMtFが女子トイレを使用する行為はなんら法を犯すものではありません。

a03

でも通報されないわけではない

しかし現実ではどうでしょうか。法的に合法でも明らかにおっさんが女子トイレに入ってきたらどうなるでしょう。

 

捕まります

 

えぇ、通報されて捕まります。それが現実です。捕まりますが、性同一性障害である旨を話せば法に問われることはおよそありません。診断書を携行しており、それを見せれば警察も納得することでしょう。送検されず釈放となります。

a04

ではどうすればいいか

 

対処法は一つです。

 

 

パス度を上げる

 

 

これに尽きます。捕まるのはその人が「女性に見えないから」です。ノンパスだからです。厳しいようですがそれが現実です。いくら心は女だと主張しても見た目が伴っていなければそんな主張も通用しません。ガンガン通報されてバンバン捕まることでしょう。

女子トイレを使うためには他の女性が不安にならない程度にパス度を上げておく必要があります。これが最低限で唯一の条件です。

とにかく見た目です。戸籍の性別でも診断書でもありません、「見た目」です。

自信が無いうちは多目的トイレを利用するのが無難だと思います。どの段階で女子トイレに移るかは、男子トイレを使って他の男性が驚いて出て行ったり、掃除のおばさんなどに「ここは男子トイレだよ。女子トイレはあっち」など言われれば見た目が女性になっているという一つの指針になるでしょう。

a05

私の場合どうだったか

私はトランス超初期から女子トイレを使用していました。覚え立てのメイクに髪はウィッグです。幸い今まで一度も通報されたり変な目で見られたりしたことはありません。女子トイレを使用するきっかけとなったのが女友達でした。友達が「大丈夫だから行こうよ」と言ってくれたため、私は使用することにしました。当初はとてもドキドキしてましたね。診断書すら持ってなかったので通報されたらかなり不利です。

しばらくは女性ルックス(メイク、長髪、スカート)でないと不安で入れませんでしたが、今ではすっぴんでも何も気にせず使えてます。

思い返して一番ツラかったのが「トイレの行列」でした。女子トイレって結構並んでるじゃないですか。当然私も並びますよね。そこで痛感させられるんです。生物学的女性との体型のあまりの違いを。周りの女性はみんな小柄で華奢なのに対して、私は身長178㎝で筋肉マッチョです。目立たないはずがありません。今にして思えば普通に男性だとバレていたのかもしれません。でも今の時代LGBTなど徐々に浸透してきてますので、「あ、そういう人かな?」と配慮してくれたのかも、とそう思います。

今でこそ簡単に言ってますが、普通に使えるように外見のみならず内面・心の問題、不安の克服ができるまで3年くらいかかりました。それまではずーーーーっと不安で怖くて仕方ありませんでした

「実はパスできてないんじゃ」

「男だとバレているのでは」

「変な目で見られたらどうしよう」

いつも縮こまって急ぐように使い逃げるようにトイレを出てました。あまりに不安なので男子トイレを使ったこともありましたが、入ってきた男性がみんなびっくりして出て行ってしまいました。こういうのも含めて経験なんですよね。そういう経験の上に今の自分があるのだと思います。当時の私の背中を押してくれたその女友達には感謝しています。

a06

まとめ

いかがだったでしょう。パス度の自信がない、通報されたらどうしようと心配する方も多いと思いますが、まぁ大丈夫ですよ。仮に通報されてもニュースでたまに見る変態女装おじさんとは違います。堂々としていればいいんです。

広告

広告

Copyright© MtF情報発信サイト , 2020 All Rights Reserved.