トランス 脱毛

脱毛しよう

脱毛しましょう!

女性になるためには無駄毛は大敵です。憎き男性ホルモンに浸食されたみなさんは全身に体毛(ムダ毛)が生えていることと思います。すね毛とかどうですか。ボウボウじゃないですか?それに髭、ジョリジョリしますよね。こんなものはいりません!なので徹底的に処理しましょう!ここでは脱毛にはどんな手段があるのか解説していきます。女性になるためにまず最初にやらなければいけないことです。


a01

剃る

剃る!まずはこれが一番手っ取り早いです。剃る場所は脚や腕、脇、髭など全部剃ってしまいましょう。お風呂で全身に泡を立ててT字カミソリで剃ってください。泡は別に専用のものじゃなくていいです。いつも使ってる石けんやボディーソープで大丈夫です。

注意ポイント

剃るのは一番簡単な方法ですが、当然効果も薄いです。剃ってもすぐにまた生えてきますし、特に男性の髭は大変太く濃い場合が多いので、剃っただけでは不十分で、いわゆる青髭状態になってしまいます。その場合はメイクでうまく誤魔化すなどのテクニックが必要です。

a02

抜く

綺麗に見せたいなら抜くのが見た目がいいです。特に顔、眉や髭などは抜いた方が毛根からなくなるのでいいでしょう。

注意ポイント

剃る場合よりはマシですが、毛根の機能自体は生きていますのでやっぱりまた生えてきます。また、とんでもなくめんどくさいですし、痛みを伴います。成人男性の太くてたくましい髭など、ひとつひとつ抜いていくのは大変な作業です。あまり現実的とは言えないでしょう。あくまである程度脱毛過程を経て無駄毛が薄くなった人向けと言えます。

いやいや!それでも簡単に髭を抜きたい!

はい、そうですよね。私もそうでした。いくら髭を剃ってもすぐに生えてくるし、かと言ってひとつひとつ抜いてもいられない。そこで私はこのような家庭用脱毛器を買って髭に使っていました。ソイエがオススメです。これを使うと痛みはあるものの毛抜きで一本一本抜くよりはるかに効率的です。

注意ポイント

しかしこれはかなり強引な方法です。機械でガンガン抜くもんで肌は大変なダメージを受けます。出血もあるだろうし、そのダメージから色素沈着を誘発します。これを行う際は脱毛後の肌のダメージケア(保湿、フェイスパック、冷やす、など)を怠らないようにしましょう。

 a03

ケノン

ケノン、家庭用脱毛器です。剃るや抜くといった行為とは違い、毛根から退治してくれます。実際に使っている方も多く、代表格なものです。ケノンの特徴はフラッシュ式の脱毛器で毛のメラニン色素に反応する光を照射することで、毛根成分にダメージを与えて脱毛します。レーザー式のトリアと比べて痛みが少なく、また照射範囲が広いのが利点です。価格はおよそ7万円前後です。

注意ポイント

ケノンはカートリッジ交換式であり、使用回数に制限が設けられています。一定回数以上使用すると、カートリッジを新しく購入し交換する必要があります。また、トリアと比較すると威力の面でやや劣るといった声もあります。

a04

トリア

トリアレーザー式の脱毛器になります。ケノンと並びこちらも人気の家庭用脱毛器です。私もトリアを使っていました。トリアは家庭用脱毛器の中で唯一レーザー式を採用し、フラッシュ式と比べ高い効果を発揮します。トリアのユーザーの約3割は男性で、毛が濃い人にも向いていると言えるでしょう。価格はおよそ4万5千円前後です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【3月下旬お届け予定】脱毛器 トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X 30日間返金保証 1年間製品保証 送料無料 これ一台で全身脱毛し放題 サロンやエステではできないプロレベルの脱毛力 憧れのレーザー脱毛をご家庭で tria(トリア)直営店
価格:40530円(税込、送料無料) (2020/3/23時点)

注意ポイント

トリアは高い効果を発揮しますが、それだけ逆に「痛い」です。照射レベルは5段回で設定できますが、最大の5を使おうものなら悶絶します。また、ケノンと比べて照射範囲が約1センチと小さいため、大きな面積を脱毛するのは少し手間がかかるでしょう。

a05

医療機関

 

医療機関での脱毛は毛根に医療用のレーザーを照射することで毛母細胞を破壊し脱毛していきます。これは「医療行為」にあたるため、医療従事者のいる医療機関でしか受けることはできません。それだけ効果は絶大で、ほぼ永久的に無駄毛とおさらばできることでしょう。自分でやる脱毛と違い、手が届きにくい背中やVIOの脱毛にも向いています。そして自分でやるより断然ラクチンです。一度経験すると自分でなんてやってられません。

私のオススメは上の家庭用脱毛器で自分でできるところは脱毛し、どうしてもできないところや残ってしまうところのみをピンポイントで脱毛してもらう方法です。私の場合はもみあげがどうしても脱毛できませんでした。もみあげって男性に多く生えてますが、女性はほとんどありません。このポイントひとつで大きく印象は異なります。特に後ろで結ぶポニーテールなどの髪型はもみあげがバッチリ見えますから、ここは押さえておきたいポイントでした。

私は城本クリニック「Sパーツ脱毛」をしました。この脱毛は上の部位を集中して脱毛するコースで、5回コースで27,500円です。たった27,500円ですよ?これでどうしても自分でできなかったもみあげを脱毛施術しました。やってみた感想は、やっぱ医療機関だけあってすごい効果ですね。家庭用とはマジで大違いです。もうびっくりしてしまいました。その他、例えば鼻下など痛くてどうしても少し残っている箇所なら3回コースで完全駆逐できると思います。どうですか、お得でしょ?

 

また、どうしても自分ではやりにくVIOについてもお得なコースが設けられています。VIOはデリケートな部位なのでどうしても自分ではやりにくいし、これからパートナーを見つけようと思っている人には必須の箇所ですよね。特にO(ケツ毛)は自分ではほぼできませんし、ここがボウボウだと恥ずかしいですからね。

 

Sパーツより広い「Lパーツ」のコースも用意されております。気になる方はこちらもご利用になってはいかがでしょうか。

 

注意ポイント

自分でやるものではないので、当然ですが病院に通院する必要があります。上で紹介したパーツ脱毛ではない全身脱毛の場合は、脱毛完了までには2~3ヵ月に1回の脱毛を5~6回行うことが一般的で、永久脱毛を終えるには約一年程度の期間が必要です。また、費用も高額で顔を含め全身を施行する場合おおよそ30万円前後かかります。

a06

普段のお手入れ

さて、脱毛が完了しても普段のお手入れをおろそかにしてはいけません。小さい小さい毛、そう産毛です。特に顔の。髭など太いものであれば目立つので生えてくれば処理するでしょうが、産毛は目視ではほとんど確認できません。しかし実際に剃ってみると意外なほど生えているのです。で、産毛が生えてると何に影響するのかというと、「メイク」です。産毛があるとないのとではメイクの乗りも持ちも違ってきます。できるだけ産毛が無い状態にして文字どおり「つるっつる」にしておくのが理想的です。顔剃りはメイクのベースの前のベースとも言えます。3〜4日置きに顔剃りしたほうがいいでしょう。お風呂でT字カミソリを使うのといいです。

それが面倒な人にはこのアイテムが役に立ちます。


これ、水を使わず普段のメイク前などに顔剃りすることができます。その威力、想像以上です。細やかな刃で見えないくらいの産毛でもしっかりと剃ってくれます。あと眉などのムダ毛ケアにも役に立つアイテムです。

この山!

産毛です!

↑見てくださいこれ。調子に乗って体中の産毛を剃りまくりですよ。気持ちよくてね。ちょっとグロ画像で申し訳ありません。でもこのアイテムの実力をどうしてもお教えしたくて。

a07

まとめ

いかがだったでしょうか。トランスするにあたりまず最初に行うのがこの脱毛だと思います。方法はいろいろあります。家庭用脱毛器を使っている人も多ければ医療機関に行ってる人も結構います。いずれにせよ、スベスベの肌になるだけで気持ちもすっきりして女性らしさを体感できることでしょう。

広告

広告

Copyright© MtF情報発信サイト , 2020 All Rights Reserved.