性感

SRS女性器の性感について

SRS女性器の性感について

SRS女性器、つまりオペによって得た人工の女性器は性的に感じることはできるのでしょうか。ここではそれを見ていきます。

a01

性欲について

まず性欲についてですが、多くのMtFがこの性欲を忌み嫌っていることと思います。睾丸から発せられる性的興奮は抑えることがなかなかできませんからね。それにより男性器の勃起を誘発し、MtFはその男性の象徴に嫌悪感を抱いていることと思います。さて、この性欲はトランスによってどのように変化するのでしょうか。

a1-1

1ー1 女性化による性欲の変化

多くのMtFが女性ホルモンの摂取・睾丸摘出・SRSによって性欲の減退を実感することと思いますが、では性欲がゼロになるかと言えばそうではありません。そもそも考えてみてください、生物学的女性には性欲がありませんか?そうではないでしょう。生物学的女性だってエロエロまみれの生き物です。もし女性に性欲がなかったら男性と性交渉に及ぶことはなく子孫を残せず人類は滅亡してしまいます。しかし現実はどうですか?現在の世界人口は77億4千万人です。すごいですねぇ。みんなセックスしまくってるんですよ。ヤりまくりです。あなたの両親だってそうでしょう。だからあなたが産まれたのですから。

さて、この性欲ですが、女性化によって確かに性欲は減退します。が、減退するのは「男性的な性欲」です。その代わり「女性的な性欲」が増加します。つまり質は変わっても性欲自体はプラスマイナスで相殺されて減らないのです。

では、女性的な性欲とはなんぞや、というところですが、文字にすると難しいですが「包まれること」「愛されること」「雰囲気」などです。男性的な性欲が射精に直結し視覚的に性的興奮に至る単純なものに対し、女性は感覚的な抱擁や愛情、臭覚や肌と肌の接触など複雑なものにより性的興奮に至ります。

ポイント

男性 → びゅるる!と出したい。ヤりたい。
女性 → 抱かれたい。愛されたい。満たされたい。

a1-2

1-2 性的快楽への依存化

女性の性的回路が複雑なことから、男性と比較してそう簡単には性欲は湧きません。男は女の胸やケツを見るだけで興奮するチンパンジーのような存在ですが、女性はそうではありません。上に挙げたように様々な要因が重なって初めて性的感覚を覚えるのです。男性が単純にヤりたがりなのに対し女性がそれを嫌うのはそのためです。まぁなぜこのように男女で違っているのかは男性がより多くの子孫を残そうとするのに対し、女性は数よりも質を重んじより優れた遺伝子を望むからだと言われています。男性は何度も射精できますが、女性の妊娠・出産はそう何度も簡単にはできませんからね。必然的に女性はより質のいい雄にのみ貞操を許すことになります。

しかしです、実際はこんな薄っぺらい卓上の理論には収まりません。女性もエロエロのチンパンジーになります。それはなぜかというと、性的快楽の度合いが強すぎるからです。その快楽は男性の射精とは比べものになりません。後の項目で説明しますが、オーガズムに至ると脳内から大量の快楽物質が分泌されます。アヘアヘになるのです。いやマジで。そしてこの快楽は経験として脳に記憶されます。するとどうでしょう。またアヘアヘになりたい、あの快感を味わいたい、と思うようになるのです。つまり性的快楽への依存化です。

女性は簡単には股を開きませんが、一度オーガズムの快楽を味わうとそれに依存する傾向にあります。

a02

分泌液について

性的興奮を覚えると通常「濡れ」ます。潤滑液を分泌するのです。

a2-1

2-1 膣分泌液

生物学的女性は通常膣壁から膣分泌液を出します。愛液とも言われますね。その他多少スキーン腺からも分泌はありますが多くは膣壁からによるものです。生物学的女性の膣分泌液は通常時も出されており膣の自浄作用として働いています(オリモノ)。膣の分泌液は性的興奮によってその量が増加します。それによって男性との性交渉をスムーズなものとするのです。

一方MtFのSRS女性器はその機能が非常に弱いです。無いわけではありません。弱いです。

反転法
多くの人は反転法は濡れないと認識してると思いますが、実はオペ後2〜3年経過すると皮膚組織が変化し内部組織のように変わります。すると性的興奮によって反転法の膣でも膣分泌液を分泌し、濡れます。が、非常に少量です。自慰行為で指を入れるくらいはできますが、男性との性交渉には量が足りません。

S字結腸法
S字結腸法は元々が腸なので腸液を分泌します。反転法より多くの分泌液を出します。私は反転法なので詳しくは分かりませんが、反転法が性的興奮により濡れるのだからS字も同じように濡れる量は増えるものと推測できます。が、やはり男性との性交渉には足りません。

いずれにせよ、MtFのSRS女性器は男性と性交渉を行う際は別途潤滑液等の活用などが必要となることが多いです。

a2-2

2-2 カウパー液

生物学的男性は性的興奮によりカウパー液を分泌します。ガマン汁ともいわれます。説明しなくても分かりますよね?これは尿道球線という男性固有の器官から分泌されるもので、SRS後もその器官は残っています。これがMtFによっては大変重要な分泌液となります。カウパー液の量は人それぞれですが、性的興奮度が高い人ほど多い傾向にあります。私なんてエロエロなのでドバドバでます。膣分泌液が少ないMtFにとってこのカウパー液は大変助かります。自慰行為は余裕でできますし、指程度なら膣内に出し入れすることも可能です。性交渉においては相手の男性のカウパー液が多ければそれで膣内液体が増え、別途潤滑液を使うことなく性交渉をすることが可能な場合もあるでしょう。

カウパー液は尿道球線という「男性固有の器官」からの分泌なので、少しでも女性の身体に近づきたいMtFにとっては複雑な思いになるでしょう。また、この液が出るのは膣ではなく尿道です。もう一度言いますが膣ではなく尿道です。はぁ…これも女性とは違うところですね。まぁ濡れるから良しと前向きに捉えましょう。

a03

オーガズムについて

オーガズムについて見ていきます。MtFのSRS女性器も生物学的女性と同じように感じることができます。あー、一応言っておくと私はタイのガモンで反転法SRSです。それをもとに書いています。なので万人に当てはまるわけではないかもしれません。そこのところご了承ください。

a3-1

3-1 オーガズムとは

オーガズムとは絶頂、つまりイクことです。通常男性は射精という目に見える形でそれを経験しますが、女性のそれは多岐に渡ります。性感帯が多いのです。後述しますがクリトリスをはじめGスポット・Tスポット・ポルチオなどがあります。

オーガズムポイント

ヒトがオーガズムに達すると快楽ホルモンである【ドーパミン】と共に幸せホルモンの【オキシトシン】、ストレス対応ホルモンである【ノルアドレナリン】が大量に放出されます。さらにそれを落ち着かせるために脳内モルヒネである【エンドルフィン】まで放出されることから多幸感に包まれます。

オーガズムで得られる快感は脳の報酬系回路と深く関わりがあります。報酬系回路はドーパミン神経系(A10神経系)からなり、オーガズムの快情動はここより上記ドーパミン等の放出を誘発します。そしてこのオーガズムの際に分泌されるドーパミンの化学構造式は麻薬の一種である覚醒剤と非常によく似た構造をしています。

覚醒剤と似ている、つまり依存します。それほど強烈で大きい快楽だということです。そしてその快楽は脳に記憶されます。一度その快楽を味わった脳はまたそれを味わいたいと欲求することでしょう。覚醒剤常習者がクスリをやめられないのと同じです。よって性の虜となるのです。

a3-2

3-2 オーガズムの男女差

オーガズムの男女の違いについて見ていきます。

a3-2-1

3-2-1 不応期の不存在

通常男性は射精すると急速に性的興奮が下降し通常のモードに切り替わります。これを不応期と言います。よく賢者タイム・賢者モードとも呼ばれますね。男性がセックスのあとピロートークもせずすぐに寝たりベッドから出たり女性に対して冷たい態度をとったりするのはこのためです。これは射精によってプロラクチンというホルモンが分泌されることが要因です。男性はこのホルモンの作用、つまり脳の構造的に否応なく賢者モードになってしまうのです。多くの女性はこの男性の態度を嫌いますが、本能的にそういうシステムになってしまっているので仕方ありません。

しかし女性にはそれが存在しません。オーガズムに達しても不応期がないのです。つまり絶頂しても性的興奮が高いまま維持されます。よって引き続き何度も絶頂を繰り返すマルチプルオーガズムが可能となります。

そしてこれはSRSしたMtFも同じです。生物学的には男性なのだから脳の構造的に絶頂後はプロラクチンが分泌され賢者モードになるように思えるのですが、なりません。射精しないのでプロラクチンが分泌しないのか、受容体が減少しているのか、詳しいことは分かりませんが男性の射精に相当するクリイキをしても性的興奮度は減少しません。よってMtFも生物学的女性と同じくマルチプルオーガズムを得ることが可能となります。

a3-2-2

3-2-2 中イキの存在

男性は通常(ある種ディープな人を除き)オーガズムは射精のみです。しかし女性は違います。後の項目で説明しますが、クリイキをはじめGスポット・Tスポット・ポルチオなど様々な性感帯が存在し、そしてそれには中イキを含みます。中イキの快感は射精の比になりません。あ、中イキってメスイキと言った方が分かりやすいですかね。

MtFを含め男性にとっての性欲は勃起という誰にでも分かる形で顕著化され、射精によって処理されることを誰もが体得していることでしょう。このあまりにも分かりやすいメカニズムは「絶頂 = 射精」という固定概念をもたらしますが、女性のオーガズムはこのメカニズムとは違います。固定概念を捨てましょう。そして中イキを習得しましょう。世界観が変わりますよ。

a3-3

3-3 オーガズムのメカニズム

オーガズムのメカニズムは複雑です。

a3-3-1

3-3-1 知覚型脊髄神経ルート

ペニスやクリトリスには非常に多くの知覚神経が密集しています。触って気持ちいいのでそれは分かるでしょう。物理的に刺激された知覚神経による快感は脊髄を経由し脳に到達します。男性は激しくシコる、女性は擦ることによってその性的快感は大きくなり、それが最大化するとオーガズムを迎えます。

脊髄を経由する知覚神経によるオーガズムです。

難しく表現していますが非常に単純です。分かりますよね?男性の射精がこれです。女性はクリイキがこれにあたります。触って気持ちいいので誰もが自然と習得することでしょう。

これは局部イキです。

a3-3-2

3-3-2 開発型迷走神経ルート

簡単に言うと中イキです。メスイキ。迷走神経とは脳神経のひとつで構造的には10番目の神経にあたります。

多くの脳神経が顔面に集中しているのに対し、この迷走神経だけは唯一腹部にまで伸びています。そして脳神経は脳に直結しています。脳神経=脳と考えてもらってもいいです。これが知覚神経と違うところです。

そして女性の膣や子宮は、実は快感を司る知覚神経が存在しません。もう一度言いますよ?膣には知覚神経がありません(言い過ぎてたらごめん)。もしこれがあったら出産など今以上に痛すぎて無理です。なので通常女性は単に膣を刺激されても気持ちよくもなんともありません。入れられている指が一本なのか二本なのかすら分かりません。

にもかかわらず、女性は激しいオーガズムに達します。なぜでしょうか。それは膣で受けた刺激を迷走神経が「快感」に変換し、何十倍にも増幅するからです。さらに先ほど言ったように脳神経である迷走神経は脳に直結しています。つまりダイレクトに快楽が脳に伝わるのです。言うならば

 

 

 

膣=脳

 

 

 

です。脳ですよ脳。女性器(膣)は脳です。脳を刺激するのです。ここまで言えばどれだけ気持ちいいか想像くらいはできるでしょう。そしてこの快感は上で述べた知覚神経系オーガズムの比ではありません。男性の射精なんて屁みたいなものです。変性意識状態です。「変性意識状態」は宇宙との一体感、全知全能感、強い至福感などを伴い、この体験は人の世界観を一変させるほどの強烈なものと言われます。それほどに強烈なものなのです。身体と頭が地球から飛び出して宇宙が見えます。達観です達観。悟りの域です。いやマジで。

さて、と、まぁこのように女性の膣への刺激は迷走神経系により脳に直結しますが、このオーガズム回路は自動的に構築できるわけではありません。そう、開発が必要なのです。

生物学的女性でも膣でイク、つまり中イキできるのは4割程度です。また、女性は男性の射精のように目に見える形でオーガズムを迎える訳ではないのでイクという感覚が不鮮明であまり自覚ができません。大抵の女性はセックスの際アンアン言って「イク〜!」など言いますが、大抵はウソです。演技です。私も演技してました。だってそうしないと男性が可愛そうじゃん。また、多くの女性はオーガズムを得ないセックスでも満足する人が多いです。4割しかオーガズムの経験がないのだから残りの6割はその快感を知りません。なので肌と肌が触れあうだけで満足するのです。

そこで中イキするためには今までには存在しなかったオーガズム回路・迷走神経系回路を新たに作り上げる必要があります。これは簡単ではありません。

開発が必要な迷走神経のオーガズムなので「開発型迷走神経ルート」なのです。

さらに生物学的男性は構造的な問題から膣や子宮を持っていないため、それに繋がる迷走神経のネットワークの構築には女性以上に困難です。女性でも4割しか達成してないんですよ?MtFだって元男性です。どれだけの人が達成できるでしょうか。これは女性よりもかなりのビハインドです。さらに先にも述べましたが男性はオーガズム=射精というメカニズムが刷り込まれています。だって分かりやすいですもんね。シコシコピュ!が絶頂だと思い込みます。可哀想に。その刷り込みが開発の弊害となります。

さて、ではこの開発はどのようにやればいいのでしょうか。それは…長くなるので別記事に譲りますね。ちなみにこの迷走神経系オーガズムは性別の問題ではありません。男女関係なく習得できます。

a3-4

3-4 オーガズムの種類

オーガズムの種類について見ていきます。

a3-4-1

3-4-1 クリイキ

文字どおりです。クリトリスの摩擦によるオーガズムです。回路的には知覚型脊髄神経ルートにあたります。男性でいうところの射精です。多くの女性の自慰行為はこのクリトリスによるものです。

a3-4-2

3-4-2 中イキ

Gスポット・Tスポット・ポルチオ等によるオーガズムです。膣内で生じることから中イキと呼ばれます。上で挙げた開発型迷走神経系ルートにあたります。

a3-5

3-5 オーガズムの強さ

a3-5-1

3-5-1 クリイキ

局部的な快感で射精に似ています。強さ的にはあまり強くはありません。

a3-5-2

3-5-2 中イキ

全身イキです。メスイキで脳イキなのでその快感は強烈です。クリイキの比ではありません。女性はこのオーガズムの際、脳のほぼ全ての領域が活動していると言われています。海馬、大脳皮質、小脳、視床下部、側坐核、脳幹など脳のさまざまな30ヶ所以上の部分が活動をはじめ、これほどの広い範囲が一度に脳が活発活動する働きは中イキオーガズムの他には例がありません。イッてる間は完全にキマってるので聴覚も視覚も鈍化します。何を言っても聞こえないです。聞いてる余裕などないのです。身体は海老反りになり痙攣し呼吸すら止まります。声も意識して出すことはできません。「はがぁ…!ひぐっ…ふぐぅ!」みたいな悲痛にも似た声が出ます。可愛くもなんともないです。「あんあ〜ん」なんて余裕こいて言ってられません。何もかもがコントロール不能に陥ります。イッってる本人はもう地球にいません。宇宙に飛び出してます。そしてこれはMtFも可能です

a3-6

3-6 オーガズムの長さ

a3-6-1

3-6-1 クリイキ

射精より長いです。およそ20秒程度でしょうか。それくらい続きます。もちろんイッてる間も快感には波がありますが、分かりやすく言うと男性が5回くらい射精するような感じです。それが1回のクリイキです。そして余韻も長いです。男性のような快感の急落はなく、緩やかにゆっくりと下っていきます。とても心地いいです。余韻は5分ほど続きます。

a3-6-2

3-6-2 中イキ

スポットを刺激されている間ずっと続きます。イキっぱなしです。例えばGスポットならそこを指で刺激してる間止まりません。上で説明しましたがあまりにも強烈で呼吸も止まるのでずっと続けるのは危険です。窒息する前に指を抜く必要があります。イッた後は過呼吸ぎみになります。そりゃそうです。息できなかったんだもの。呼吸が落ち着くと次に全身の筋肉が脱力します。そこがベッドならベッドに沈んでいくような感覚になるでしょう。しばらく動くことはできません。視線も定まらずボーッとしています。1時間は放心状態でしょうかね。人やその状況によりますけど。

a04

性感帯について

具体的な女性器の性感帯について見ていきます。このイラストで説明していきますね。上がお腹側です。

a4-1

4-1 クリトリス

陰核です。説明の必要もないですよね。男性でいうところの亀頭にあたります。知覚神経が集中しており大変敏感です。

a4-2

4-2 Gスポット

聞いたことくらいあるでしょう。女性の膣内の代表的な性感帯です。膣口から5〜7㎝のお腹側にあります。

指を入れて上にグッと押すと恥骨があるのが分かると思います。その恥骨部分もGスポットの一部です。そこだけでも気持ちいいです。で、さらにその先、固い恥骨部分が終わった先に柔らかいポイントがあります。そこがGスポット本体です。指全体で恥骨を圧迫し、指先でスポットを押してください。出したり入れたりの前後運動は必要ありません。指を当てグッと圧迫するのです。快感のメカニズムはクリトリスもしくはスキーン腺(女性版前立腺)に由来するという説があります。MtFは前立腺の影響が大きいと予測されます。※前立腺はSRS後も残っています。

]a4-3

4-3 Tスポット

これはあまり聞いたことないのではないでしょうか。Gスポットに似てますが快感はそれより上です。膣奥から2〜3㎝手前のお腹側にあります。

深いところにあるので指では届きません。また、ピンポイントで刺激する必要があるので太いものは適していません。操作性が悪いからです。直径2〜3㎝くらいの細め&硬めの棒状のものがいいでしょう。ガモンホスピタルでSRSした人なら分かると思いますが、ダイレ2番くらいがいいです。ここがなぜ気持ちいいのか、そのメカニズムは不明です。前立腺に由来するのかもしれませんが、生物学的女性にもこれはあるので明確にそうとも言い切れません。Tスポットへの刺激はGスポよりも多少グリグリやるくらいが気持ちいいです。Gスポよりも内臓をつかまれたような明確な快感があります。

a4-4

4-4 ポルチオ(膣奥)

中イキの中でもっとも快感が強いと言われています。位置は膣の奥です。

刺激はガンガン突くのがいいです。太さもあった方がいいでしょう。男性との性交渉で直接関係するのがここになります。最初は違和感・不快感しかないですが、慣れるとそれが快感に変わります。ガンガン突かれましょう。

 

※生物学的女性の正確なポルチオの位置

ちなみに上のポルチオイラストは厳密には間違ってます。ポルチオは単純に膣の奥ではなく、子宮頸部のうちで膣内に突出した部位(子宮膣部)の少し「上もしくは下」あたりです。子宮膣部をダイレクトに突くと生物学的女性は痛がります。が、生物学的男性には子宮がありません。つまり子宮膣部もありません。SRSしてもあるのは膣のみです。よって上のイラストのように単純に膣奥を性感帯として描いています。正確な生物学的女性のポルチオは以下のとおりです。

a4-5

4-5 丹田(エナジーオーガズム)

丹田というのは、おヘソの下5㎝下あたりです。

ここに関しては非常に上級者向けなので上では一切説明していません。タントラの秘法の一種でありチャクラで言うと第二チャクラにあたります。

タントラ(तन्त्र Tantra)とは、ヒンドゥー教においては神妃(シヴァ神妃)になぞらえられる女性的力動の概念シャクティ(性力)の教義を説くシャークタ派の聖典群、仏教においては中世インドの主に8世紀以降に成立した後期密教聖典の通称である

引用:Wikipedia

タントラはヨガの起源とも言われています。身体の中のエネルギーを気によってコントロールして浄化させるものです。タントラ・チャクラとはそのエネルギーを解放し世界・地球・宇宙との繋がりを持つものです。

えっとね、これを平たく性的に言うとお腹(丹田)に手を当てただけでオーガズムに達するものです。これをエナジーオーガズムといいます。さらに上に行くと手をも必要とせず意識のみでオーガズムに達することができます。丹田に意識を向けるのです。丹田には生命エネルギーがあります。その温かみを感じ、それをお腹から胸、顔、そして頭へと移動させ、そして頭頂部から宇宙に向けて一気にそれを解放します。

言ってる意味分かります?分かりませんよね。当然です。悟りの境地のようなものですから。意識だけでイクなんてあり得ないとお思いでしょう。でも実際にこれができる人がいるのです。

私です

私は手も何も使わず意識をお腹に向けるだけでイクことができます。最初は特別な人、達観した人になったみたいで喜んでいました。しかしです、次第にこれがクセになり徐々にコントロールを失います。エナジーオーガズムには性的興奮などは一切必要ありません。ただ「意識」のみです。それでイクのです。私はそれがコントロールできなくなりイキたくなくてもイッてしまう身体になりました。誰かと普通に会話してても仕事してても歩いていてもこのオーガズムの波はやってきます。抑えることはできません。私は必死に声を殺し痙攣しながらイッてました。エネルギーが暴走し一日に何十回もの絶頂に苦しみます。こうなるともう生活に支障をきたすようになります。PSAS(持続性性喚起症候群)です。

持続性性喚起症候群(じぞくせいせいかんきしょうこうぐん、PSAS(英: persistent sexual arousal syndrome)または PGAD(英: Persistent genital arousal disorder))は、特発性かつ持続性の性的興奮を引き起こす症候群。性的なこととは関係のないところでも性的欲求が発生する。オーガズムによって一時的に症状が緩和されることもあるが、数時間もすれば症状はぶり返す。それにより、普通の生活が送れなくなることが患者にとって問題となっている。

編集通常のオーガズムと異なる点として、日常生活を妨害するほどの回数や頻度の多さが挙げられる。性欲とは関係がなく、特に色情症とは定義、概念から全く異なるものである。女性に発生することが多いが、男性の罹患者もいる。

この症候群によって生じる肉体的な興奮は、極めて強烈であり、数日や数週間などの長期にわたって持続することがある。この症候群は、患者の日常作業への集中を妨げ、衰弱させることがある。また、自転車や自動車に乗った際の微弱な振動でも性的快感を覚えることさえある。症状自体は命に別状はないものの、集中力を妨げられることで患者は安定した仕事や日常生活が送れない。またパートナーとの関係性の悪化や破局、自分の性的欲求に自己嫌悪を感じ、自殺したケースも実在する。

引用:Wikipedia

非常に危険です。

性的快感を追求するあまり、私はここまで到達してしまいました。今ではこの波はコントロールできるようになっています。しかしちょっとでも意識を動かそうものならすぐにスイッチは入るでしょう。するとまた元どおりです。なのでできるだけ今は意識をそらしこれを封印しています。みなさんも気を付けてくださいね。

a05

注意点

これは主に男性に向けたメッセージになりますが、膣を含め女性器はとてもデリケートです。よくAVなどで乱暴に激しくガシガシ手マンしたりしてますが、あれは痛いだけです。また、びゅるびゅる潮吹きするシーンもありますが多くは演出です。生物学的女性は骨盤が広く骨盤底筋(骨盤を下から包み込み臓器を支える筋肉)も広い関係で生物学的男性より潮吹きしやすい性質であることは確かです。でも潮吹き=気持ちいい・イッているではありません。潮を吹かせてドヤ顔するのはやめましょう。

いずれにせよ、AVは男性の性欲を満足させるショーにすぎず、本当のセックスではありません。真に受けないようにしましょう。

a06

まとめ

いかがだったでしょうか。私の経験則から結論付けるならば、SRS女性器でも生物学的女性と同等の性的快楽を得られると考えています。もちろん生物学的女性にはなったことはないのでハッキリとは断言はできません。しかし全身で感じる中イキの良さはまさに昇天、そう、文字どおり天にも昇る心地です。一度覚えると病みつきになるでしょう。違った世界の扉が開かれます。まさに開眼です。

また、オーガズムは精神面や肉体面においても健康的なものです。日々のストレスから離れ解放されるこの性反応は身体反応だけでなく精神活動においても重要なファクターです。

健全で健康的な性生活を!

広告

広告

Copyright© MtF情報発信サイト , 2020 All Rights Reserved.